男性が性的な興奮を感じると、脳からの指令により男性器の中で血管を拡張させる物質(環状グアノシン一リン酸;cGMP)が増加します。このことにより血管が広がり、勃起した状態になります。

体内にはそれとは反対に、勃起を抑える酵素も存在します。この酵素はホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれています。男性器内では、PDE5とcGMPにより勃起が調節させていて、日常生活ではPDE5の力の方が強いため勃起は抑えられ、性的興奮によりこれが逆転し勃起が起こります。

しかし、ストレスや体調などによりPDE5が過剰となる場合があります。それが勃起不全(ED)と呼ばれる症状です。そこで効果を表すのが、バイアグラです。バイアグラは勃起を抑え込んでいるPDE5を分解し、働かなくする作用があります。

PDE5が少なくなるとcGMPが作用しやすくなりますので、その結果、血管が拡張し勃起へとつながるのです。

このように、バイアグラは、勃起を抑え込んでいる酵素を抑制することで、間接的に勃起を促す物質の働きをサポートし、勃起不全を改善するのです。

体験談の内容はあくまで個人の感想です。薬の効果を保証するものではありません