キャッシングに関する手続きの1つに、在籍確認があります。審査の最終ステップで行われる手続きなのです。
そもそもこの融資商品で申し込みをする際には、勤務先の情報を書くでしょう。もちろん会社名は記載しますが、電話番号や住所などを書く事になるのです。
それで金融業者としては、そのお勤め先の情報を重視しています。その会社で勤めているかどうかが、大切なポイントになるのです。

キャッシングという商品は、貸したお金を返済してもらう事が大切なのです。返済されなければ、金融業者が困ってしまいます。ですから申し込みをしてきた人物に、本当に安定収入があるかどうかを確認したいのです。ですから勤務先の情報を、わざわざ申込書に書くのです。
それで勤務先に対しては、基本的には電話は行きます。いわゆる在籍確認の電話です。ちょっと電話をかけてみて、本当にその会社で働いているかどうかを確かめるわけです。

特に難しい話をする訳ではありません。せいぜい1分前後でやり取りは完了します。
ところで一部の金融業者では、電話でない方法で在籍確認を行っているのです。そのような金融業者は、一部の方々から高く評価されています。
そもそも会社に電話が行ってしまうと、困る方々もいるでしょう。家族が会社に電話をするのが困るくらいですから、金融業者から電話が行くのは、なおさら困ります。
電話が行ってしまいますと、勤務先に怪しまれてしまう可能性もあります。人によっては、勤務先には内緒で借りたい事もあるでしょう。

それで金融業者の中には、書類で在籍確認できる所もあるのです。いわゆる給料明細を金融業者に提示すれば、在籍事実は証明できるでしょう。
それで電話が行かない以上は、もちろん本人のプライバシーなども守られます。会社に内緒で借りたい方々にとっては、そのキャッシング使い方は助かるのです。
ですから在籍確認の電話が気になる時には、書類で手続きを行ってくれる金融業者がおすすめと言えます。